バトル勝利でART継続、パチスロあしたのジョー

投稿日:

『パチスロあしたのジョー』

 京楽産業.とサミーのコンテンツ共有によるパチンコ・パチスロ同時リリース第1弾となる合同展示会が12月10日、都内の両国国技館で開かれ、パチスロを担当したサミーからは「あしたのジョー」の世界観をバトル演出に融合したART機が発表された。ARTの名称は「ジョーRUSH」。

 ジョーRUSHへの突入はボーナスが契機。6ゲームのボーナス区間中は、主人公の矢吹丈と、宿敵・力石徹の死闘(バトル)が液晶上に展開され、6Gの死闘の末(ボーナス消化後)、ジョーが倒れていなければARTのジョーRUSHに突入。ジョーRUSHは次回ボーナスまで継続する。ジョーRUSH中は小役を押し順で完全ナビ。1Gあたりの純増枚数は1.6枚だ。

 次回ボーナス終了後のジョーRUSH継続率(ループ率)は前回ボーナス当選時の内部状態によって6通りに振り分けられる。最高は90%、以下85%、75%、60%、50%、10%で、75%以上の高確率状態でボーナスを引いた場合は、「あしたのジョー」図柄が揃い、この時点でジョーRUSH突入も確定する。

 ボーナスは全6種類。純増はいずれも36枚。「あしたのジョー」図柄なら次回以降のループ率は75%以上、かつ、ボーナス消化後のジョーRUSH突入も確定。「赤7」揃いではジョーRUSH突入への期待が膨らみ、「青7」ではいったん突入したときの瞬発力(ロング)が期待できる。「赤7・赤7・青7」「青7・青7・赤7」「JAC・JAC・JAC」でも高確率状態にいる場合もあり、一発逆転のチャンスがある。ボーナス確率は1/86.8(設定1)〜1/82.4(同6)。

 さらに注目されるのは「ドヤ・ゾーン」。ジョーRUSH突入から平均8G継続する区間で、ゾーン中にボーナスを引けば、その時点の状態(ループ率)に関係なく、次回ジョーRUSHが確定。次回以降のループ率もアップする。ゾーン1G目のボーナス当選ではループ率の激UPも期待される。

 なお今回は新筐体『CROSS』での登場となった。納品は1月24日から。

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社 (C)Sammy

    -新台

    © 2021 グリーンべると