『あっぱれ応援団2』、大当たり曲は一世風靡

投稿日:

 京楽産業では8月23日、都内ホテルでパチンコ新機種『ぱちんこ あっぱれ応援団2』シリーズを発表した。会場には4代目京楽イメージガールの小倉優子さんも来場し、学ラン姿でエールを贈った。

 『ぱちんこ あっぱれ応援団2』は、99年に発売した『あっぱれ応援団』の後継機。前作は応援団員が繰り広げるコミカルなリーチアクションやユニークな確変抽選機能が人気で、当時のパチンコ機ではダントツの8万台をセールスしたが、今回もその団員たちが再び登場し、リーチアクションなどでこれまで以上のハチャメチャ活劇を展開する。

 最大の特徴は、液晶画面の上部に取り付けられた2つの拳型の役物。連続予告やリーチアクションに連動して作動するが、大当たり確率30%以上の時しか作動しないため、動けばかなりアツい演出となっている。また前作で人気だった大当たり終了後の確変判定「瓦割り」演出も踏襲、今回は大当たり終了時に確変昇格演出として登場するほか、リーチアクションにも盛り込んだ。さらに大当たり中は、一世風靡セピアの「前略、道の上より」が流れ、おなじみの「ソイヤッ!ソイヤッ!」の掛け声がゲームを盛り上げる。

 シリーズはCR機ハーフスペックの『MR』『KR』とフルスペックの『XR』『VR』のほかに現金機タイプの『TR』の全5機種。大当たり確率はフルスペックが1/336.3で、ハーフスペックが1/313.7。いずれも特賞出玉1950個と1800個の2タイプを用意している。9月26日から全国一斉で納品される。

 なお、当日の発表会では、4代目京楽イメージガールにグラビアやバラエティ番組等で活躍するタレントの小倉優子さんを決定したことが発表され、『あっぱれ応援団』の団長よろしく、学ラン姿で登場した小倉さんは「「かわいい女の子も出てきて楽しかった」と同機の感想を語ったほか、アテネで活躍する日本選手にも「フレー、フレー」とエールを贈った。

-新台

© 2021 グリーンべると