爆裂機は欠陥商品、PCSA早期撤去で声明

投稿日:

 パチンコチェーンストア協会(PCSA)は8 月25日と9 月30の2日、爆裂機の撤去を柱に2 回にわたり声明を発表した。

 8月の声明では、先に日電協が発表した自主規制で、対象となったパチスロ機について、“欠陥商品”と明確に位置づけ、これら欠陥商品を駆け込み式に導入するパーラー側の動きを排除し、規制対象機の早期撤去を推進する方針が明記されている。また店の宣伝・広告のあり方についても、煽情的な表現を排除、根本的な見直しを図っていく考えだ。

 一方、アルゼおよび同社子会社のミズホとの連名で出した9月の共同声明では、両社製パチスロ機に含まれる規制対象機や、同等と同等と思われるものについては、PCSA加盟企業がこれに該当するパチスロ機を撤去する場合、両社は「最大限の協力を惜しまない」ことが約されている。日電協非加盟メーカー・ミズホの『ミリオンゴッド』に撤去の方針が示されたのは初めて。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると