大一商会が『CRドラムチック麻雀』発表

投稿日:

 大一商会では去る5月27日、全国一斉に展示会を開催。液晶とドラムを搭載した新機種『CRドラムチック麻雀』を発表した。

 今回発表された『CRドラムチック麻雀』は盤面右に搭載されたドラムは図柄としてでなく、予告アクションとしてドラムが発動するといった機能も有しており、液晶とドラムの複合的アクションを加味したのが特長だ。

 リーチアクションは液晶画面上で行われるものが中心となるが、液晶図柄の判定でリーチにならなくても中、右図柄がゾロ目であれば敗者復活の「おまけ4THリーチ」としてドラムが発動。ドラムの数字と合えば大当たりとなる。2ラインによる「ダブルリーチ」で外れた場合も「4THリーチ」としてドラムが発動し、大当たり期待度も一気に上がる内容となっている。またノーマルリーチの連続出現でスーパーリーチへの可能性が大幅にアップし、ノーマルリーチ出現時でも期待度を持続させている。さらに同社のヒット機である『CR天才バカボン』のステップアップ予告を踏襲し、ドラムのバックライトが点灯する「ドラムフラッシュ」、「大当たり直撃音」、大一名物の「サファイヤフラッシュ」など音と光を駆使したプレミアム画面なども用意されている。

 スペックは大当たり確率315.5分の1(確変中63.1分の1)、確変突入率2分の1、出玉約2100個。兄弟機『E』は出玉が約1900個と高価交換営業向けのスペックとなっている。導入は7月からの予定。

-新台

© 2020 グリーンべると