サミー渾身のパチンコ機『CR猛獣王』

投稿日:

 サミー(株)は12月18日、都内の品川プリンスエグゼクティブタワーにおいて、渾身のパチンコ新機種『CR猛獣王』シリーズのプレス発表会を盛大に開催した。

 同機はパチスロ機で一世を風靡した『ジュウオウ』シリーズのいわばパチンコ版。玉の絶妙な流れを作り上げたゲージおよびステージ構成や、プレイヤーの好みにあわせ選択できる「3モード3ステージ」の搭載が注目の新機種。年明けにも販売が開始される予定だ。

 ゲージ構成で何より目を引くのは、ワープホールに突入した玉の流れにさまざまな変化をつけている点だ。ワープからステージ中央にのびたワイヤーブリッジで玉を渡らせ、次にステージ両サイドの2つの回転体で振り分けるという仕組みを作り上げている。

 一方、モードは、すべての演出を満遍なく楽しめる「ノーマルモード」、サミーの特色であるミッション主体の「ミッションモード」、大当たりをいきなり告知する演出の出現率をアップさせた「沖パチモード」の3種類で、1ライン変則スクロールでステップアップ予告主体の「ライオンステージ」、1ライン縦スクロールでキャラクター予告主体の「ダチョウステージ」、5ライン横スクロールでシンプル系予告中心の「ゴリラステージ」の3つのステージとの組み合わせを選択できる内容になっている。

 シリーズは、15R9カウント(確率1/306.2→1/68.8)ハーフ時短の『HN33』、15R9カウント(確率1/348.6→1/52.8)フル時短の『FN』、それと新内規対応で回数切り7回転の『ST』(14R10カウント、確率1/225.2→1/24.8)の3種類。『ST』では時短非搭載のスペックになっている。

-新台

© 2020 グリーンべると