奥村から『CRモグッテお宝』登場

投稿日:

 奥村遊機(株)は11月7日、同社東京支店でプレイヤー参加型のパチンコ新機種『CRモグッテお宝』シリーズの発表内覧会を開催した。

 同シリーズはふたつのボタンで、大当たり回数やリーチ出現回数などの本日およびパーソナルデータの確認ができたり、リーチ中の役物始動や、時短中の“目押し”に使うなど、パチスロ機の特性である能動性を随所に採り入れたのが特長で、メイン液晶の横のサブ液晶では、前述のデータ収集やボタン操作で動く役物と連動(モグラタタキ)するリーチ演出、プレミアム予告などに使われる。

 シリーズはフル時短9個カウント(確率1/340.3→1/56.7)の『FC』、フル時短10個カウント(確率1/350.3→1/58.4)の『F』、ハーフ時短9個カウント(確率1/317.7→1/59.6)の『HC』、ハーフ時短10個カウント(確率1/317.7→1/59.6)の『H』。賞球数は全シリーズ「4&15」。納品は12月14日から。

 なお新内規対応の『T』は現在申請中で、『T5S』については参考出品との位置づけだが、『T』は40回転の回数切りで、時短は全図柄100回。確率は1/312.3→1/66.9、賞球数4&15という仕様。『T5S』は回数切り4回転仕様で全図柄中2図柄については時短100回、3図柄については50回。また4R10カウントという変則スペックで、確率は1/79.3→1/8.34。

-新台

© 2021 グリーンべると