『CR虎せます』がバージョンアップで市場化

投稿日:

 (株)高尾では10月6日、全国ショールームにてパチンコ新機種『CR虎せます』(第3種)、同『CR恋姫』シリーズ(第1種)を発表した。

 『CR虎せますL』は、中央にドットを囲むように配置された大きな虎の役物+3つ穴クルーンの役物で今までにないゲーム性を実現している第3種。同機は9月16、17日の両日にホテルパシフィック東京(東京都港区)にて開催された「第2種等ぱちんこ遊技機展示会」に参考出展されていた『CR虎せます』のシリーズ機でもある。基本スペックは、大当たり確率1/35・8、16R9カウント、平均出玉2160個、ラウンド固定タイプ。

 ゲームの流れは極めてシンプルで、下部左右のチャッカーに玉が入ると、電動チューリップが2回開放。役物内に入り、3つ穴クルーンの「V」に入賞することでドットデジタルが回転。2つ同じ図柄が揃ったら大当たりで、右打ちする。また、同機は「開放延長機能」を搭載しており、大当たり終了後、電動チューリップが22回開放(1回につき5・6秒開放)または22回開放する。この機能により、連チャン率は約50%となる。導入は10月19日からスタート、限定3000台の発売の予定。

 新機種『CR恋姫』シリーズは、人里離れた田舎を舞台に、4人の女の子が様々なことを体験する第1種。シリーズは、フル時短タイプの『WZ』(9カウント仕様)とハーフ時短タイプの『X』(10カウント仕様)の2機種を発表している。同シリーズの導入は10月13日からスタートする。

    -新台

    © 2021 グリーンべると