海物語がパチスロになって新登場

投稿日:

 山佐では2月10日、大ヒットパチンコ機「海物語」を全面的に起用した新機種『ウミイチバン』(Aタイプ/7ラインストック機)の発表展示会を新高輪プリンスホテルにおいて開催した。また同日には名古屋、広島で、12日には札幌、仙台、大阪、福岡でも大々的な展示会を開催するなど全国7会場で自信作を披露した。

 新機種『ウミイチバン』は、人気パチンコ機「海物語」シリーズ(三洋)をモチーフにしたパチスロ機で、リール右横に搭載した液晶画面を使って、“魚群”など「海物語」のお馴染みのリーチアクションや確変機能、再抽選機能などを忠実に再現。さらに多彩な小役対応キャラや本家にはなかったプレミアリーチを搭載するなど、新たなゲーム性も加えた。

 液晶画面では確変(次回大当たり解除確定)か否かを決め、奇数(1、3、5、7、9)で確変、偶数(2、4、6、8)でノーマル大当たりとなる。ビッグボーナス中の打ち方としては、2回目のジャックゲームまで順押し、3回目から逆押しをするだけで小役を獲得しながらリプレイを外すことができる(残り9ゲームから順押し/プラス10枚の効果)。基本的には技術介入の要素を極力減らし「海物語」ファンもパチスロを楽しめるようなライトユーザー対応タイプのパチスロといえそうだ。導入は4月初旬からスタートする。

-新台

© 2021 グリーンべると