群馬でパチスロ不正改造が摘発

投稿日:

 群馬県警生活安全企画課と太田署は4 月20日、太田市内のパチンコパーラー《タイガーエンドレス》の店長石川浩容疑者(43)と埼玉県の経営コンサルタント会社社員木村勝志容疑者(33)を風営法違反(無承認変更の構造変更)の疑いで逮捕した。翌日付読売新聞群馬東毛版が報じた。

 報道によると両容疑者は、昨年9 月か10月ごろの未明と、12月下旬ごろの未明の2 回にわたり《タイガーエンドレス》に設置されていたパチスロ機計数十台の内部に、不正基板を取り付けた疑いがもたれているもので、調べに対して2 人は大筋で容疑を認めているという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると