都遊連がSO日本にチャリティ寄金贈呈

投稿日:

 東京都遊連(原田實会長)では2月3日、昨年末に実施したチャリティカレンダー事業のチャリティ寄金をスペシャルオリンピックス日本(略:SO日本/細川佳代子理事長)に寄贈した。

 都遊連のチャリティカレンダー事業は、同組合がこれまでおこなってきた社会貢献活動などを2004年度の卓上カレンダーに明記し、パチンコファンに配布してその活動を広報するとともに、カレンダー代(165円/1部)に含まれるチャリティ寄金(55円)を社会貢献団体に寄付しようと昨年末に実施されたもので、人気漫画家のさかもと未明さんがキャラクターを担当し、結果、組合員が6万4539部を購入、354万9645円のチャリティ寄金が集まっていた。

 寄贈先は1月度の理事会で「スペシャルオリンピックス日本」が承認され、同日、原田会長、亀田宏司青年部会長等がSO日本の都内事務局を訪れ、このチャリティ寄金を全額寄贈した。

 受贈した細川理事長は、「1年後には冬季世界大会の開催を予定しており、今年2月には冬季国内大会も開催する。これらを成功させるためには多くの方々の協力が必要。充足感のある大会にし、協賛いただいたところにも満足してもらいたい」と感謝の言葉を述べた。

 スペシャルオリンピックスは、知的発達障害の人達へスポーツトレーニングや競技会を提供する世界規模のスポーツ組織。SO日本は1994年に発足している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると