フォーシーズンが一挙5店舗でISO取得

投稿日:

 埼玉県川口市を中心にパーラー5店舗を展開する(株)フォーシーズン(田中一治社長)ではこのほど、国際規格ISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得した。

 認定を受けたのは、本社および《スポーツ館》(川口市)、《マイスポーツ館》(川口市)、《ハロースポーツ館》(埼玉県岩槻市)、《パスカ》(東京都足立区)、《ビッグスポーツ館》(足立区)の5店舗で、昨年11月24日に英国認定機関UKASに登録され、12月16日に審査機関CIJよりISO認定書が授与された。

 田中社長は1月19日のISO認証取得の記念パーティーの席で取得の動機について、「一昨年あたりからデフレ等の影響や、射幸性の高い機械によってお客様が離れ、さらに大型店の出店等もあり大変厳しい環境になっている。そこで一度我々の店舗の特徴や社風等について冷静に考えたところ、ISOに取り組み、企業カラーを出していくことにした」と説明した。

 取得に向けては一昨年の12月3日に活動開始宣言を社内外におこない、以後、ISO事務局を中心に1年掛かりで認証取得を目指したという。とくにISOをより効果的なものとするために、役職者や正社員だけでなくアルバイトや店舗の清掃員といった社員以外にもISOに関する勉強会を実施し、店舗に関わる全員によって防犯やホール、カウンター、清掃、マナー、ゴト・不正、釘・スロット調整、購買の各業務マニュアル等を作成した。

 品質方針にあたる社長方針は『地域で一番の安心とゆとり、そして心地よいおもてなしを!』とし、今後は常連客がゆっくりと安心して遊べるよう、訓練をうけた社員が公平で公正なサービスを提供していくという。

 なお、同社では2010年までには中型店3店舗の出店を計画しており、新規店でもISO取得を目指す。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると