アルゼ、2期連続の経常減益

投稿日:

 アルゼ(株)(阿南一成社長)は4月11日、同社ホームページ上にて、平成17年3月期業績予想(連結・個別)を下方修正すると発表した。

 これは2月25日付で発表していた第3四半期の業績予想に対するもので、この時点で66億円と予想された平成17年3月期の経常利益(連結)を17億円に下方修正した。

 4月12日付日本経済新聞によると、修正後の連結経常利益は前の期比8割減の水準で、2期連続の経常減益。売上高は同29%減の716億円と報じている。

 不振の理由について同社では、3月に3万台の販売を予定していた新要件パチンコ機の認可が次期にずれ込んだことや、昨年7月1日の新規則施行「前」に申請した旧要件パチスロ機の認可がとれなかった点を上げている。また施行「後」に申請した新機種についても、「パチンコ機、パチスロ機ともに多数の申請を行ったにもかかわらず、結果として認可がとれなかった」としている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると