ウィンネット、参入第一弾のパチスロ発表

投稿日:

 遊技機の開発販売及び遊技機に関するソフトウェアの開発販売を目的に2004年8月に設立したWIN NET TECHNOLOGY(株)(本社/東京都品川区・原田宏一社長)はこのほど、同社第一弾となるパチスロ機『大山鳴動 漢みちスロ!』(型式名:オトコミチスロ)の発売を発表した。納品は9月18日の予定。

 同機は、「みちのくプロレス」の全面協力を得て開発されたもので、5号機としては破格の最大416枚の純増枚数(ビッグボーナス1回あたり)を備えている。また業界初となる6種類のボーナスを搭載(ただし出玉のあるのは2種類)。さらにビッグボーナスの高い引き戻し率(78.5%)を実現したRT(リプレイタイム)「みちのくチャンス」も搭載されている。

 同社は今回の第一弾発売にあわせ7月24日より東京営業所ならびにショールーム(東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル地下1階)を開設。8月1日には『大山鳴動 漢みちスロ!』の内覧会の開催も予定されている。

-新台

© 2020 グリーンべると