福島県警、サーチライトの自粛を要請

投稿日:

 福島県警察本部は7月7日、福島県遊技業協同組合連合会(金井大河理事長)に対して、上空を照らす広告用サーチライトの使用を自粛するよう要請した。7月8日付け報知新聞が報じた。

 今回の自粛要請は、北朝鮮がミサイルを発射した翌日に周辺住民から「雲の中で光が動いて不気味」などという110番通報が相次いだことを受けたもの。パーラーのサーチライトが低い雲に反射したものとみられ、県警側は「ミサイル発射に絡んで住民が神経過敏になっている」と話している。

 福島県遊連は今回の要請を受け、7日夜から自粛を了承した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると