平和、権利モノ名機『バレリーナ』復活

投稿日:

 平和は11月6日、各拠点ショールームなどでパチンコ新機種『CR・スーパーバレリーナS3』と、オーイズミNEOブランドのパチスロ新機種『名門!夢色学園生徒会』(型式名:ユメガク)を同時発表した。両機種ともに納品は12月2日からスタートする。

 『CR・スーパーバレリーナS3』は、91年に発表され、その後もシリーズ機がリリースされている権利モノの名機『バレリーナ』の後継機。クルーン役物上のお馴染みのバレリーナは、今回は「氷上のプリンセス」をテーマにフィギュアスケーターに変更されている。

 ゲーム性は実際にプレイすれば至って簡単だが、左上のスタートチャッカーに玉を通すことで上部の電チューが開放。ここに入球し、3分の1抽選の後方役モノを通って、4分の1抽選のクルーン役物の「CHANCE!」穴に入球すると、その下部の1〜8までの数字が書かれたLEDランプが点滅。そのうち4〜8の赤ランプで点灯すれば、3回1セットの大当たり(平均出玉4440個)が確定となる。また、左上のスタートチャッカーでは直当たり抽選(確率1/397)も行っている。

 一方、『名門!夢色学園生徒会』は、主人公の「杏」や杏に想いを寄せる「なつめ」などの生徒会の面々が恋愛劇などを繰り広げる学園モノのオリジナル機。

 ボーナスは、ビッグボーナス2種類(純増平均237枚)とレギュラーボーナス2種類(純増平均102枚)の4種類。ボーナス後には必ずチャンスゾーンが発生し、特殊リプレイ役の「リプ・ベル・ベル」が揃えば60ゲームの完走型RT「ストーリーモード」(純増約0.7枚/G)に突入。RT中は20〜25%のボーナス成立が期待できる。終了後、ボーナスが成立していなければ再びチャンスゾーンに突入するため、チャンスゾーンとRTは50%という高い確率でループする。

-新台

© 2021 グリーンべると