コムシード、営業・経常損失が拡大

投稿日:

 モバイル事業などのコムシード(名証セントレックス)は11月15日、平成20年3月期中間決算(連結)を発表。売上高は前年同期比1.6%増の6億6100万円となったが、営業損失3億500万円、経常損失3億200万円となった。

 主力事業のモバイル事業では、各携帯公式サイトを充実させるとともに、今年7月にオンラインゲーム事業子会社のサイカンゲームズ、翌8月にコミュニティビジネスに特化した子会社のセカンドファクトリーを設立するなど、積極的な投資を行った。ただし、第2四半期に見込んでいたシステム構築売上の一部が下期にずれ込んだことや、オンラインゲーム事業におけるオンラインゲームの開発の遅れに伴うライセンス売上の未達などに伴い、業績は当初予想を下回った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると