アベーレ、萌えスロ『夜勤病棟』発表

投稿日:

 遊技機販売商社のAVERE(株)は6月9日、パチスロ新機種『夜勤病棟』(型式名:ヤキンビョウトウA/製造元:イレブン)のプレス発表会ならびに一般ファン向けのイベント『夜勤病棟フェスタ』を、東京・新宿にある『新宿アルタ』で開催した。

 今回のタイトル『夜勤病棟』は大ヒットを遂げた「美少女ゲーム」PCソフトとのタイアップ。『夜勤病棟』ファンの取り込みを意識した“萌えスロ”が基本コンセプトとなっており、新規ファンにも分かりやすいシンプルなゲーム性が特長だ。

 ビッグボーナス(BB)の1回の純増枚数は376枚。ミドルボーナス(MB)は同186枚で、MB終了後には100ゲームのリプレイタイム(RT)が付く。RT中に出玉を減らさずにボーナスを狙える仕様だ。ボーナスとの同時抽選機能では「右上がりの斜めのリプレイ揃い」または「中段チェリー」がとくにアツい内容になっている。

 またボーナス中はミニゲーム付きで、ゲームで獲得した得点に応じてボーナス終了時のエンディング画面の内容が変わる点も注目される。

 さらにボーナス開始にあたっては4人キャラクター(七瀬恋、新城礼美、児玉ひかる、藤沢亜子)の中から1人を選択。キャラクター別にオリジナルBGMが用意されている。プレス発表会後の『夜勤病棟フェスタ』ではこのオリジナルBGMを歌う声優によるシークレットライブなどが開かれ、定員150名の会場に約250名の一般ファンが殺到した。

 一方、プレス発表会の冒頭、アベーレの榎本社長は、今回がイレブン社の総発売元として第1弾となった点を強調。これにあわせイレブン社も「紙でできたキャビネット」と「7万2000色に発光するフルカラーLED」が特長の新筐体『ELL』を採用。さらに業界初となる「運賃メーカー元払い」も今回から適用されている。納品は7月1日。

-新台

© 2021 グリーンべると