サミーの名機『ディスクアップ』が5号機で甦る

投稿日:

 サミーは4月11日、東京都港区の新高輪プリンスホテルでパチスロ新機種『ディスクアップオルタナティブ』と『けものっち!』の発表展示会を開催。両機種は名機『ディスクアップ』と『獣王』のキャラクターをモチーフとした新機種だ。

 『ディスクアップオルタナティブ』の注目点は ボーナス終了後に突入するRT突入のチャンスゾーン「DJタイム」(=CZ)とリプレイタイム「ダンスタイム」(=RT)の存在。 RTへはボーナス終了後に突入するCZ中に特殊リプレイ(リプレイ・リプレイ・星図柄)、または3種類の15枚役(赤7or青7orBAR・星図柄・星図柄)のいずれかが成立することで突入し、前者で50G、後者で150GのRTが付与される。 CZの終了条件はリプレイ成立、RTの終了条件は規定G数の消化、もしくはボーナスの成立となっており、RTの規定G数消化後は再度DJタイムに突入する。RTの純増は1G当たり約0.5枚。

 ボーナスは赤7揃いと青7揃いのハイパービッグボーナス(HBB)と、「青7・青7・赤7」、「赤7・赤7・青7」のノーマルビッグボーナス(NBB)、「BAR・赤7・赤7」の純増枚数の少ないビッグボーナス(BB)の3タイプが搭載されており、純増枚数は3種類の15枚役を完全ナビするHBBで約333枚、プレイヤーの技術介入により15枚役のナビを発生させるNBBで約319枚、BBで約45枚となっている。スペックはHBBとNBBの合成確率は1/546(設定1)〜1/388(設定6)、BB確率は1/964(設定1)〜1/753(設定6)、全ボーナス合成確率は1/349(設定1)〜1/256(設定6)となっている。納品は6月3日からスタートする予定。

 一方、『けものっち!』は完全告知タイプの新機種。液晶画面などはないものの、モチーフである『獣王』シリーズのサウンドをはじめ、『獣王』でお馴染みのキャラクターが図柄や筐体デザインにあしらわれている。

 ゲーム性で要となるのは、ボーナスとの同時抽選の期待度が一番高い特殊リプレイ(マングース図柄・リプレイ・リプレイ)の存在。同役の成立後はリプレイ確率が約1/2にアップするRT「マングースチャンス」に突入し、次回の小役当選、またはボーナスの告知まで継続する仕組みだ。ボーナスはビッグボーナスとミドルボーナスの2種類。純増は前者で約312枚、後者で約104枚。スペックは、BB確率が1/291(設定1)〜1/257(設定6)、MB確率が1/508(設定1)〜1/259(設定6)、合成確率が1/185(設定1)〜1/129(設定6)。納品は5月20日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると