J-NETがパーラーへのAED設置を支援

投稿日:

カウンター脇に設置されたAED。

 貯玉/メダルデータの第三者管理を行うジャパンネットワークシステム(株)(東京都台東区・土谷忠壽社長、略称:J-NET)は、契約パーラーの社会貢献活動をサポートするため「AED」(自動体外式除細動器)の設置支援を開始。12月12日にモデル店舗となる《カレイド下北店》へAEDを設置した。同社は今後、契約店舗と相互協力体制を構築し、AED設置支援を行っていく。

 このAED設置はJ-NETと契約するパーラーに向けた支援で、同社と(株)セコムが契約して導入希望パーラーに当該機器を設置するもの。レンタル費用は原則として無料(消耗品の管理も含む)。AED本体及びインフォメーションステッカー等には「安心貯玉」のロゴが標記され、貯玉補償基金に加盟し「パチンコファンを守る」安心貯玉優良店としてアピールできる仕様にもなっている。

 なお、設置にあたってパーラースタッフには1日4〜5時間程度の取扱講習の受講が必須となる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると