STバトルタイプの『CRウイングマン』が年末登場

投稿日:

『CRウイングマン』

 サンセイアールアンドディは11月13日を皮切りに、全国の各拠点ショールームでパチンコ新機種『CRウイングマン』シリーズを発表。12月14日から納品を開始する。

 同機のモチーフとなった「ウイングマン」は、美少女キャラクターマンガで定評のある桂正和氏の連載デビュー作。1983年〜85年まで週刊少年ジャンプ誌上で連載され人気を博し、84年にはTV朝日系列でアニメ版も放送されるなど、30〜40代からの知名度が高いコンテンツ。同機では、アニメの声優陣をほぼ当時のまま採用しているほか、大当たり中の楽曲にアニメのエンディングテーマ「異次元ストーリー」を採用し、アニメファンも納得の内容に仕上げた。

 スペックはマックスタイプの『RW.X』(確率1/399.57)と、ミドルタイプの『MW.X』(確率1/298.25)の2スペックを発表。両スペックともに、従来のバトルスペックの興奮を70回転のST(回数切り確変)に凝縮した新感覚のゲーム性「超攻撃型バーサスラッシュ」を搭載しているのが特徴。具体的には、全大当たり後に突入するST中、ウイングマンがバトルに勝利すれば15R大当たりとなるが、負けても2R確変に当選していればウイングマンが立ち上がり、再び70回転のSTに突入するというゲーム性だ。

 またST終了後は4回転(電チューサポートなし)まで高確率が継続する「エンジェルゾーン」に移行(内部的なST回数は74回転)。エンジェルゾーンの最終ゲームは高信頼度のリーチ出現率が大幅にアップし、プレイヤーの興奮を誘う。

(C)桂正和/集英社・東映アニメーション

    -新台

    © 2021 グリーンべると