【企画】「遊タイム」認知度は約6割、魅力を伝え更なるファン獲得を/Booming Net Player’s Eyes

投稿日:

パチンコにおける時短革命ともいうべき新機能「遊タイム」。2020年4月に、同機能を搭載した第1弾機種『PF真花月2 夜桜バージョン』が登場してから、間もなく1年が経つ。

これまでにスペック、ゲーム性ともに様々な遊タイム機が登場しており中には『戦国乙女6』や『とある魔術の禁書目録』といった高稼働している機種もある。これから先も「遊タイム」はパチンコ市場で高い存在感を示していくものと推察できる。ここでは、「遊タイム」に関する意識調査第1弾として「認知度」「遊技した感想」について考察する。

「遊タイム」の認知度に関しては、「(知っていて)遊技したことがある」「知っているが遊技したことはない」が全体の61%、残りの39%が「知らない(聞いたことがない)」だった。

認知度6割という結果を多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれだが、導入から1年経つのに「知らない」人が4割いるということは非常にもったいないと感じる。店舗として、ファンに遊タイムの概要や魅力をわかりやすく伝え、好きになってくれるファンが1人でも増えれば、稼働も売上も上がる。こうした努力は、今後も必要であり、怠ってはいけない部分ではないだろうか。

実際に遊タイム機を遊技した感想を聞くと、51.2%は遊タイムに肯定的だった。ただし、「ゲーム性が分かりにくい」といった声や、上のカコミのように課題を指摘する声も多いことは事実だ。このことも踏まえ、遊タイム機の周知、運用をしていくことが求められる。

 

■その他を選択した人の感想(一部抜粋)
・遊タイムがついていると安心できる
・回らないのでイライラする
・遊タイム発動までの規定回数が遠い
・特段、思うことはない
・夕方から打つには時間が足りない

調査実施企業:ブーミングネット株式会社
すぐさま簡単に安価で導入できる来店ポイントサービス『ポイントクラブ』を運営。お得なポイント賞品を多数用意しているほか、DMサービスにより再来店率の向上や、来店客の生の声を収集できる。
・問い合わせ
TEL 03-6451-4355
Mail info@booming-net.com
WEB https://booming-net.com

    -企画
    -

    © 2021 グリーンべると