アルゼ第2四半期、販売台数低迷受け赤字

投稿日:

 アルゼ(株)(徳田一社長)では11月14日、平成21年3月期第2四半期決算短信を発表した。

 売上高105億9300万円(前年同期374億9500万円)、営業損益72億4200万円(同93億7100万円の利益)、経常損益5億5300万円(同141億2100万円の利益)、四半期純損益12億9400万円(同154億6100万円の利益)。

 第2四半期累計期間で7タイトル約9万7000台の導入を計画していたが、1タイトルの販売時期ずれ込み、営業体制の不整備から6機種約3万4600台の導入にとどまった。

 一方、持分法適用会社のウィン・リゾーツ社は第2四半期までに純利益3億1871万米ドルを計上、また同社の自己株式取得によりのれん償却が生じたため、持分方による投資利益として67億1300万円を計上した。

 第3四半期以降は営業体制を再編成、またレンタル契約の条件を緩和し対象店舗を拡大する等の施策で8タイトル15万台の販売を目指す。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると