山佐、『ウルトラマン・ザ・スロット』発表

投稿日:

『ウルトラマン・ザ・スロット』

 山佐はパチスロ新機種『ウルトラマン・ザ・スロット』を発表。同機は目押し不要のART「ウルトラモード」を搭載し、ウルトラマンの世界観をリアルCGで再現している。納品は12月7日からスタートする予定。

 ART「ウルトラモード」は40ゲームワンセットで1Gあたり1.0枚の純増が期待できる。突入条件は、ボーナス後に必ず移行するチャンスゾーン「ウルトラ作戦」での特殊リプレイ揃い。通常は特殊リプレイが揃う押し順を自力で当てなければならないが、ナビポイントがあれば揃う押し順がナビされる。ART中も押し順ナビに従うだけとプレイは簡単だ。

 そのART突入の鍵となるナビポイントは、主にボーナス中及びART中のミッション成功で獲得できる。ボーナス中のナビポイント獲得は、赤7、青7、RBの各ボーナスで獲得演出が異なる。赤7は特定演出発生時にボーナス図柄を狙って揃うと獲得。青7は押し順を当てベルをダブルラインで揃えるとゲージが上がり、貯まるほどチャンスとなる。RBはゼットンとのバトルに勝利すると獲得となり、さらに複数個への期待度が高い。

 主なスペックは、赤7BBの純増枚数は平均259枚、青7は同253枚、RBは56枚。ボーナス比率は2:1。偶・奇数設定で赤7・青7の比率が異なる。同時抽選の対象役はスイカ・ベル・リプレイで、1/4のスイカが最も期待度が高い。

 また、11月22日に六本木ヒルズアリーナにて入場無料の「先行体験イベント」(12:00〜16:00)を開催するなど導入前のプロモーションにも力を入れている。このイベントでは約40台の試打機を楽しめるほか、ウルトラマンと大快獣によるバトルショーや科学特捜隊メンバーによるトークショー、豪華抽選会などが行われる。なお、『ウルトラマン・ザ・スロット』の試打会場のみ年齢制限がある。

(C)1966 円谷プロ (C)2008 円谷プロ/(C)YAMASA Co.,Ltd. All Rights Reserved.

    -新台

    © 2021 グリーンべると