大一から初の時代劇モノ『CR遠山の金さん』

投稿日:

『CR遠山の金さん』

 大一商会では11月20日、パチンコ新機種『CR遠山の金さん』のプレス発表会を東京・上野の「P・Players’cafe」にて開催した。

 同機は人気時代劇「遠山の金さん」のタイアップ機で同社初の時代劇モノ。業界初の「斬撃センサー」を搭載し、液晶画面の前で手を振り下ろすとハズレ図柄を斬り裂く、悪役キャラを斬るといった斬撃や、液晶上の役物を動かす、液晶リールを止めるなどのアクションにプレイヤーが参加できる点が特長。

 また、液晶上の役物がフラッシュする「遠山桜フラッシュ」、疑似連続予告で作動する「御用提灯役物」も見どころとなっている。

 タイプは『NL』の1スペックのみで、大当たり確率354.5分の1、確変突入率65%、大当たり後100回の時短付き、賞球数3&10&13。12月14日より納品がスタートする。

(C)東映 (C)ピラミッド・ムー

-新台

© 2021 グリーンべると