山佐、新機種先行体験イベントを開催

投稿日:

試打ブースには長蛇の列。

 山佐(株)は11月22日、東京・六本木にて一般ファンを対象とした『ウルトラマン・ザ・スロット 先行体験イベント』を開催。当日は、実機の試打ができるコーナーを設置したほか、ウルトラマンと大怪獣によるバトルショーや科学特捜隊のメンバーを演じた毒蝮三太夫さん(アラシ隊員役)、桜井浩子さん(フジ・アキコ隊員役)、古谷敏さん(ウルトラマン演者)、ものまねタレントの原口あきまささんによるトークショーなどが行われた。

 『ウルトラマン・ザ・スロット』の実機を導入に先がけて体験できた同イベントには、多くのパチスロ・ウルトラマンファンが来場。年齢制限のあった試打ブースでは、ひとり10分と短い時間ながら同機のゲーム性に触れ、中には1度では満足せず並び直す人もいるなど注目度の高さが窺えた。

 また、バトルショーはオープニングと本編の2種類があったが、それぞれが今回限りの特別な演出によるもので、他では観ることのできないショーを子どもから大人まで幅広い層のファンが楽しんだ。
 
 さらに、トークショーでは、出演者により当時の撮影秘話やパチスロ機へのアフレコの様子が披露され、「48年振りにM78星雲から帰還したウルトラマンをかわいがってほしい」(古谷)、「筐体デザインもウルトラマンでかっこいい」(桜井)、「ウルトラマンは永遠。パチスロも同じ」(毒蝮)、「分かりやすく、初心者でも楽しめる」(原口)などと同機をアピールした。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると