沖スロの名機『シオサイ』復活

投稿日:

『シオサイ-30』

 (株)パイオニアがパチスロ新機種『シオサイ-30』(型式名:シオサイV-30)を発表した。同機は沖スロの代名詞といえる完全告知機『シオサイ』シリーズの最新作であり、ゲーム性はそのままに演出面などが強化されている。納品は11月3日からスタートする予定。

 ボーナス成立はお馴染みのハイビスカスランプ点滅で告知。告知タイミングは(1)レバーON時、(2)ストップボタン点灯時、(3)第1リール停止時、の基本3パターンで、小役との重複時は次ゲームで告知される。ただし、重複時は小役を引き込める場合は次ゲーム、引き込めない場合は第1リール停止時の告知となる。重複に最も期待できるのはチェリーで期待度は約20%。

 その他の演出面では、ハイビスカス点滅+大爆発音などのサウンド系やリールサンドが光るリールサンド系、トップパネル一瞬消灯などのパネル系の3系統があり、パネル系演出は新要素となる。また、「お助け機能」としてボーナス間1300ゲームでリプレイ確率が上がる天井機能が発動する。

 主なスペックは、BB確率が1/318(設定1)〜1/256(設定6)、RB確率は1/655〜1/496、合成確率は1/214〜1/168、出玉率は94.0%〜108.2%。1000円あたりのゲーム数は35.0G〜36.5Gとなっている。BBの純増枚数は最大322枚、RBは同207枚で、RBではベルを1回獲得することでMAXの獲得となる。

-新台

© 2021 グリーンべると