SANKYO、試打会と大夏祭り大会で新機種アピール

投稿日:

 SANKYOは7月19日と21日、パチンコ新機種『フィーバー大夏祭り』の導入に先駆けて、一般ファン向けのイベントを開催した。7月19日は全国26カ所の同社ショールームを開放し、同機の試打会を実施。21日には、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪において「大夏祭り大会」と称したファンイベントを催した。

 19日の東京ショールームの試打会には『CRフィーバー大夏祭りテンカVer.』が12台用意された。試打会は午後1時から一人10分程度で行われ、試打後にアンケートに協力した参加者には同機のオリジナルキャラクタ「花菱一家」のうちわやウエットティッシュなどがプレゼントされた。なお、同社によると全国の各ショールームには計4467人のファンが訪れた。

 一方、21日の「大夏祭り大会」には、事前に実施された大夏祭りキャンペーンのクイズ正解者の中から920組3680人が招待された。会場内には『テンカVer.』『もえVer.』の計60台の試打機が設置されたほか、和太鼓演奏や盆ダンスショー、スペシャルライブ、縁日の屋台などのアトラクションも繰り広げられ、参加者は実機とともに一足早い夏祭りを満喫した。

 また同大会に先立って行われた記者発表会では同社澤井明彦社長が「キャラクタばかりの今の業界だが、オリジナルのパチンコから育ったキャラクタが世の中に発信されても良いのではないかと思い、3年前から業界内外の人から様々な意見を聞いて、出来上がったのがこの『大夏祭り』だ。この機械を打って、小さい時に連れていってもらった夏祭りを思い出してもらいたい」などと述べた。

 発表会にはゲストとして、テレビCMに声で出演している地井武男さん、渡辺裕之さん、カンニング竹山さん、多岐川華子さんが訪れ、夏祭りの思い出などを語った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると