「強カワ系」パチンコ『CR戦国乙女』登場

投稿日:

 平和とオリンピアは4月3日、両社ショールームにてパチンコ新機種『CR戦国乙女』シリーズ(平和ブランド)の発表内覧会を開催。同機は戦国武将の魂を受け継ぐ乙女武将たちが主人公となる新ジャンル「強カワ系」のパチンコ機。キャラクターや世界観はオリジナルで、今後は発行部数25万部のコミック誌「電撃大王」での連載が決定している。甘デジタイプとミドルタイプが発表され、納品は5月6日からスタートする予定。

 同シリーズの特長はキャラクターや世界観のほか、3種類の大型役物(のぼり旗、黄金兜、大剣)と通常時を除く4種類のモード。役物は可動することで大当たりへの期待度がアップし、モードは2R確変当選時に移行する「合戦モード」、2R確変or小当たりで移行する「ときめきモード」、大当たり後に突入する「戦国モード」(確変)と「乙女モード」(時短)がある。

 また、大当たり後の演出はミドルタイプと甘デジタイプで異なり、甘デジタイプでは大当たり後に「乙女アタック」に突入。8回転までの回数切り確変中に各乙女武将が敵と戦い、勝利した時点で大当たりが確定する。8 回転までの引き戻し率は42.08%、時短中を含めると77.14%である。

 主なスペックは、甘デジタイプの『9AX』が大当たり確率1/99.45(高確率時1/15.15)、確変突入率100%(8回転まで)、確変・時短中の大当たり後のみ時短100回、出玉約520or1570個。ミドルタイプの『M9AX』は大当たり確率1/299.25(高確率時1/33.51)、確変突入率60%、すべての大当たり後時短100回、出玉約1570個。

-新台

© 2021 グリーンべると