アビリット、約100名の希望退職者を募集

投稿日:

 アビリットは4月18日、希望退職者の募集を行うと発表した。募集人員は100人程度で、対象者は平成20年4月1日現在、満59歳未満の正社員(子会社への出向者含む)。退職者に対しては転進援助金を支給するほか、40歳以上の応募者には再就職支援を行う。

 希望退職者募集の理由について同社では、「安定的な収益を計上できるスリムで筋肉質な経営体質に転換すべく、遊技機関連事業への原点回帰を事業再構築の主軸とする経営構造改革に着手している。この経営構造改革の一環として、開発体制の見直しなど徹底した合理化により人員数の適正化と業務効率化を実現するとともに、人件費などの固定費削減策の実施が急務と判断した」としている。同社は2期連続の赤字決算で、2007年12月期決算は純損益がマイナス123億円となっていた。

 なお、募集人員どおりの応募があった場合、年間で約7億円の人件費削減が見込まれるという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると