12月の廃業店舗数、暫定集計より悪化

投稿日:

 全日遊連は3月18日、昨年1月から月次実施している「新規店舗数及び廃業店舗数調査」に関する昨年12月から今年2月までの3ヶ月間に関する調査結果をまとめて発表した。

 昨年12月分については暫定集計として1月末に一度発表されていたが、今回の集計によると、廃業店舗数が前回の暫定集計よりも40店舗多い175店舗。暫定集計でも2007年中の最悪を記録していた月間の廃業店舗数がさらに深刻な状況にあったことがわかった。2007年中の廃業店舗数の累計も暫定集計より 42店舗多い1299店舗と報告されている。昨年12月末現在の営業店舗数は1万2700軒。全日遊連のパーラー加盟率は94%とされる。

 一方、08年1月と2月の廃業店舗数はともに72店舗ずつで、2ヶ月合計で144店舗。2月末現在の営業店舗数は12月末より270店舗少ない1万2430店舗となっている。

 また2月末現在の遊技機設置台数はパチンコ機276万6626台(前年同期比4962台減)パチスロ機152万81台(同30万8268台減)、その他も含めた総設置台数は428万8098台(同31万5083台減)という集計結果だ。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると