シリーズ最新作『真・黄門ちゃま』が登場

投稿日:

 平和は2月19日、都内の東京ドームホテルにてパチスロ新機種『真・黄門ちゃま』の発表展示会を開催。同機はチャンスゾーンを経由してループする完走型RT「黄門チャンス」を搭載し、液晶を覆う役物「ツインシャッター」が大きな特長だ。納品は3月23日からスタートする予定。

 RT「黄門チャンス」は、ボーナス終了後のチャンスゾーン「弥七チャレンジ」中に特殊リプレイ(鈴・リプ・リプ)が成立することで突入。RT突入率は成立したボーナスによって異なり、赤7揃いのスーパービッグボーナスが最も期待度が高い。80ゲームまで継続する完走型のRTで、ラスト7ゲームから発展する連続演出で「黒門」に勝利するとRT中にボーナスが成立していたことになる。1ゲームあたりの純増は約0.9枚で、80G完走で62〜70枚の純増が見込める。「弥七チャレンジ」は通常リプレイの成立で通常状態に転落する。

 また、RT中はRPGをモチーフにした演出が展開され、敵キャラクターを倒す、アイテムを獲得する、などのイベントクリアすることでレベルアップしていき、最高レベルの「将軍」になるとサイドランプが点灯しBGMが変化するなど激アツだ。

 ボーナスの純増はSBB(赤7)が約308枚、BB(青7・白7)が約303枚、RBが約104枚。合成確率は1/290(設定1)〜1/226(設定6)、出玉率は96.8%〜109.1%。主なボーナスとの重複当選役はリプレイ以外のすべての小役で、期待度が高いのが50%のチェリー(中段はリーチ目)、25%の2種類ある1枚役。

-新台

© 2021 グリーンべると