コモンウェルス、8号転用機が好調に推移

投稿日:

 アミューズメント関連企業のコモンウェルス・エンターテインメント(ジャスダック)は2月15日、平成20年3月期第3四半期(平成19年4月1日〜平成19年12月31日)の連結業績を発表。売上高は51億4100万円、営業利益は1億9700万円、経常利益は2億400万円、純利益は2億6500万円となった。なお同社は今期より連結財務諸表を作成するため対前期増減率は発表していない。

 期中はアミューズメント事業におけるパチンコ・パチスロ遊技機のゲームセンター向けメダルゲーム機への転用事業が好調に推移。昨年10月には海外の優良版権獲得を目的とした連結子会社を設立し、体制基盤の強化にもつとめた。

 通期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)では、売上高70億9600万円、営業利益2億9200万円、経常利益3億円を目指す。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると