SANKYO新社長に澤井明彦氏

投稿日:

 SANKYOは2月27日、澤井明彦副社長を社長にする人事を発表した。4月1日就任。毒島秀行社長は代表権のある会長に、毒島邦雄会長は取締役相談役になる。

 澤井氏は1978年横浜商科大学商学部卒、SANKYO入社。95年取締役、06年代表取締役副社長。群馬県出身。52歳。

 また同社では、今後の経営トップ体制について、新たにCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)を設け、代表取締役会長はCEOおよび取締役会議長として、グループの経営全般にわたる戦略的意思決定を行い、代表取締役社長はCOOとして、グループの業務執行全般を統括する、としている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると