ART継続率MAX98%にUPした『2027X』

投稿日:

 遊技機販売商社のトレードは1月23日、全国各拠点ショールームで総発売元をつとめるパチスロメーカーのジェイピーエス製パチスロ機『2027X』(型式名:ニーマルニーナナX)の発表内覧会を開いた。

 『2027』は昨年7月に市場導入され、1ゲームあたり1.8枚の純増を誇るART「バトルモード」を軸とした革新的なゲーム性(呼称/TYPE-F)が市場から高い評価を得て、パネル替えなどによる増産が図られた結果、ジェイピーエスの過去最高となる6万台の販売記録を樹立。今回リリースされた『2027X』はそのシリーズ第2弾として、ゲーム性や演出面はほぼ踏襲しながら、さらなるスペックアップを図っている。

 まず特筆したいのは、「バトルモード」(20ゲーム1セットのART)の最大継続率が98%(前機では95%)に向上している点で、この場合のバトルモードの平均継続回数は50連・純増枚数は約1800枚(前機では同20連・同約720枚)を誇る。最大継続率が抽選されるのはスペシャルリプレイ(赤7揃い)の成立時。同役の確率は設定6で約1/1260。

 演出面では、バトルモード突入時に画面にカットインするキャラクターの種類によってART継続率の期待度を表す演出が追加され、「ドブロフスキー」「ケイ」「エル」「マスター」の順に高継続率が期待できる。バトルモード突入のメイン役は前作と同様にチャンスリプレイで、同役から突入した際は、通常時の特定モード中(潜航モード)などにチェリーや3択の10枚役を入賞することができればポイントが加算され、それに応じて継続率が決まるしくみ。チャンスリプレイによるARTの継続率は70〜95%。

 出玉率は、約95%(設定1)〜約118%(設定6)、ベースは1000円あたり約33ゲーム。2万台の限定販売となる予定。納品は3月9日を皮切りにスタートする。

    -新台

    © 2021 グリーンべると