中古機サイトのキーマンズ社、活動拠点を拡大

投稿日:

 中古機のレンタルシステムを運営する(株)キーマンズ・キャピタル(東京都文京区・平松相大社長)は1月22日、都内で同社会員パーラーなどを集めた経営説明会および新年懇親会を開催。昨年10月の本格スタートからすでに会員企業が117社に達したことを報告するとともに、全国の各エリアのサポート体制強化を目的に、来月2月に(株)キーマンズ関西(大阪市浪速区・平松相大社長)ならびに(株)キーマンズ東北(仙台市宮城野区・山崎正博社長)を設立することを発表した。

 キーマンズ関西のカバーエリアは近畿、中国、山陰、四国。キーマンズ東北は東北と北海道だ。キーマンズ・キャピタルは関東および中部をカバーすることになる。九州エリアについては本年度中に着手したい方針だ。

 同社のレンタルシステムはWebサイト(http://www.keyman-s.co.jp/)に会員登録したパーラー間で行う中古機レンタル取引を提案するもの。会員パーラーは貸出可能な自社所有の中古機をサイト上に登録できると同時に、ほかの会員パーラーの登録リストから希望機種を選択、レンタルを受けられる。またレンタル料金は中古機相場の80%と割安な上、支払い条件も3ヶ月レンタルを基本に1ヶ月ごとの分割払いを実現した魅力的なプランが組まれており、4ヶ月目以降、継続的に使用したい場合は、何ヶ月レンタルでも1ヶ月一律1000円という料金設定だ。

 一方、同日は、こうした従来のメニューに加え、この1月上旬より「条件付きレンタルシステム」を開始したことや、2月上旬から特別会員を対象にした「中古機交換システム」のスタートを予定していることも発表された。

 条件付きレンタルシステムは、セル板のみのレンタルや期間を限定した新メニューのこと。とくに期間限定レンタルは、たとえば店舗リニューアル中の6ヶ月間限定でのレンタル供出や、リース期間中内に限定した貸し出しに道を開いている。もう一つの中古機交換システムは市場価格相当の物々交換を想定する特別会員限定の相互レンタルプラン。特別会員は利用実績などに応じて選定される。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると