都遊協、来春のファン感にお笑い「ナイツ」起用

投稿日:

 東京都遊技業協同組合(原田實理事長)は11月26日、11月度理事会を開催し、来年4月に実施する「第16回春のファン感謝デー」の幹事商社を三越に決定した。

 今回のファン感謝デーのプレゼンには大手百貨店など6社が参加したが、お笑いコンビの「ナイツ」をメインキャラクターに起用した三越・凸版印刷の合同企画を採用することを議決した。

 目玉は抽選でファン30組60名を招待する「TOKYOナイツ」。屋形船を貸し切り、東京の夜と食を満喫する内容で、ナイツも参加する。

 スピードくじで当たるセット賞品には4コースを用意し、各店舗の客層等にあわせて選択できるようにした。感謝デーの告知宣伝については、新聞折込チラシ、バナー・モバイル広告のほか、三越グループのスタジオアルタが都内5箇所の大型ビジョンに告知CMを約300回放映する予定。

 なお、第16回春のファン感謝デーは2010年4月2〜4日に都内の各協賛店舗で開催される。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると