サミーネットワークスが通期業績予想を修正

投稿日:

 PC向けオンラインゲーム「777タウン.net」などを運営する(株)サミーネットワークスは12月16日開催の取締役会において、子会社である(株)メディア・トラストの全株式の売却を決議、これに伴い特別損失の発生並びに2010年3月期の通期業績予想を修正した。セガサミーホールディングス(株)が12月16日付のプレスリリースで発表した。

 今回の株式売却の理由について同社は、「06年10月に新たな事業領域(ソリューション事業)への進出・拡大等を目的にメディア社を連結子会社としたが、グループのソリューション事業はのれんの償却負担もあり、3期連続に続いて当上期にも営業損失を計上。市場環境が厳しく推移する見込みであること、並びに当グループとのシナジー効果も見込むことが困難なため全株式を売却することとなった」と説明。株式売却先に関しては、メディア社の代表取締役である近藤雅信氏に同日付で1万6983株(売却価格1万6983円=1株当たり1円)が引き渡された。

 なお、同社の10年3月期の通期連結業績予想は、ソリューション事業の撤退による子会社整理損として6億9300円の特別損失を見込んでおり、売上高を115億円(前回予想比9億円減)、営業利益を24億円(同1億円減)、経常利益を24億円(同1億円減)、当期純利益を10億5000万円(同3億円減)とした。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると