アリストクラートが『哲也』後継機を発表

投稿日:

『哲也〜雀聖と呼ばれた男〜新宿 VS 上野編』

 アリストクラートテクノロジーズは10月9日、都内「原宿クエストホール」において、パチスロ新機種『哲也〜雀聖と呼ばれた男〜新宿 VS 上野編』のプレス発表会を開催した。

 同機は07年に発表され、BB中にARTのナビ抽選を行うシステムを採用して好評を博した『哲也』の後継機。ゲーム性は前作を踏襲しながら、新たにフリーズ演出や、REG中に液晶画面に「次回予告」発生でARTの大量ストックが確定するなどボーナス中の期待感をアップ。またナビストックの抽選も「天運チャンス」(チャンスタイム)や「玄人TIME」(ART)中に行われるなど抽選契機が増えており、前作を凌ぐスペックに仕上がった。

吉松俊男社長は「初代の哲也が発表された頃のパチスロ市場では、ART機の比率は22%前後だったが、現在は26%前後。私共にフォローの風が吹いていると期待している」と挨拶した。

 当日は原作漫画の大ファンというお笑いコンビのザブングルが駆けつけ、イベントを盛り上げた。

 なお、同社では10月27日に都内・秋葉原の「ベルサール秋葉原」において創業10周年記念イベントを開催するが、同イベントに一般ファンを招待し、同機の試打コーナーを設ける予定となっており、今後もプレイヤーが楽しく遊べる環境の提供と情報の発信を行う方針を明らかにした。

(C)さいふうめい・星野泰視/講談社

    -新台

    © 2021 グリーンべると