「経理業務」も「販社間業務」も大幅に改善!
変更承認申請書等作成/在庫管理システム『es4』

投稿日:

金融機関・税理士も推奨するホール業務DX化の決定版

業界ナンバーワンの書類作成/在庫管理システムとして言わずと知れた存在になっている『es4』(運営/㈲イージス)。いまや、金融機関や税理士が導入を推奨するケースも出てきているという。

数多くあるホール業務のなかでも、とくに煩雑で長時間を要する「書類作成業務・在庫管理業務」をシステム化することは、もはや当たり前の時代。その関連システムは複数存在するが、『es4』は書類作成・在庫管理に関する「早さ・正確さ」、そして1店舗あたり月額5000円という圧倒的な「安さ」によって、全国の2割近い1200ホール以上が導入。全国的な閉店ラッシュが続く昨今の状況下でも、導入ホール数は増加傾向にあるという。

書類作成・在庫管理にとどまらない活用価値

『es4』事業責任者
㈲イージス 中村祐太氏

「ありがたいことに、複数のホール企業様と取引のある金融機関や税理士の間でも評判が広がっているようで、最近ではそうしたところから奨められたという理由で導入を決めて頂くケースもあります」と話すのは『es4』の事業責任者である㈲イージス・中村祐太氏。

『es4』に備わっている多数の機能のなかでも、金融機関や税理士の立場からとくに評価されるのが「遊技機の資産償却管理システム」(オプション機能)だという。

遊技機の減価償却費は複雑な計算式から算出しなければならず、期末の棚卸しの際に「経理泣かせの業務」といわれる。同システムでは、経理部門で購入時の金額を入力するだけで以降は自動計算され、償却状況や履歴をいつでも即座に確認でき、棚卸し業務を大幅に軽減。廃棄・売却時には償却リストから自動で除外されるのはもちろん、一部の税務署のローカルルールで倉庫保管中の償却を一時的に停止するケースにも対応する。

一般的な資産償却管理システムにこうした機能は備わっておらず、ホール業務に特化した『es4』ならではと言えるだろう。

無料「販社連携」で書類送付が一切不要に

もうひとつ、活用価値が高いのが販社版の『es4 LINKS(リンクス)』だ。取引先の販社がこの『リンクス』を導入することで、ホール側がチェーン店移動や売却時に『es4』上で移動処理をするだけで、「検定通知書」「撤去遊技機明細書」「中古遊技機確認書」が販社へ自動で通知されるという画期的な仕組み。従来、FAXやメールで送付し、書類のやり取りだけで1~2日間を費やすのもざらだったが、それが一切不要になる効果は絶大だ。『es4』の導入にあたっては、取引先の販社に『リンクス』を導入することをぜひおすすめしたい。

◆問い合わせ先
有限会社イージス
Tel.052-902-9102
www.es4-system.com

-業界ニュース
-, , ,