タイヨーEがアニメ「BLOOD+」をパチンコ化

投稿日:

新機種とともにフォトセッションに応じる佐藤英理子社長(左)と声優・喜多村英梨さん(右)。

 タイヨーエレック(株)では8月5日、秋葉原UDXシアターにおいてパチンコ新機種『CR BLOOD+』(ブラッドプラス)のプレス発表会を開催した。

 同機は2005年にMBS・TBS系全国ネット(土曜午後6時枠)で放送され、人気を博したアニメ「BLOOD+」のタイアップ機。原作アニメの壮大なストーリー展開や個性豊かなキャラクター、楽曲などを幅広く使用することで世界観を忠実に再現。刀・光の結晶といった役物のほか、ボタンを押して振動するとチャンスとなる「激震ボタン」などユーザー参加型の演出も搭載されている。

 タイプは大当たり時の出玉を重視(16Rで約2100個、10Rで約1300個)した『HTX』(1/349.8、確変突入率65%)、オーソドックスなミドルタイプ『MTZ』(1/309.7、確変突入率65%)、ハネデジタイプ『ATX』(1/97.7、確変突入率60%)の3タイプ。納品は10月初旬が予定されている。

 プレス発表会の席上、佐藤英理子社長は「BLOOD+は今なお熱狂的なファンがいる人気アニメ。本機は納得のいく液晶演出で間違いなくBLOOD+のファンを取り込む自信がある」と挨拶。「今回、ファン拡大作戦として50話分のダイジェスト版であるプレミアムダイジェストDVDの無料配布キャンペーンを実施するが、原作を知って頂くことで、より実機を深く楽しんで頂きたい」と述べた。この無料配布キャンペーンは、アニメファンを中心とした新規層の獲得とともに、既存ファンには原作の世界観やストーリーを味わった上で、実機に触れたときの楽しさを最大限に引き出すことが目的。プレミアムダイジェストDVDは8月20日より全国の各協賛ホールで約10万枚配布される。

 またプレス発表会には、「BLOOD+」の主人公・音無小夜役を務めた声優・喜多村英梨さんがゲストで登場。「台のフォルムや演出など、ここは抑えて欲しいといったシーンがしっかり入っており、開発した方の『ブラッド愛』を感じました。ぜひ本編も観て頂き、アニメとパチンコの両方で楽しんで頂けたらと思います」とPRした。

-新台

© 2020 グリーンべると