パチスロ不正で神戸のパーラー企業部長ら逮捕

投稿日:

 兵庫県警生活環境課と東灘署などは7月9日、パチスロ機のボーナス確率を不正に変更した風適法違反(遊技機の無承認構造変更)の疑いで、神戸市東灘区のパーラー《パーラーケイワン》の営業部長、大泉明久容疑者(50)ら3人を逮捕した。産経新聞などの各紙が報道した。

 調べでは、2007年7月〜09年7月にかけて、同店のパチスロ機計6台に県公安委員会の承認を得ずに出玉率を不正に変更するためのロムをつけるなどした疑い。大泉容疑者は容疑を認めているが、残りの2人は否認しているという。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると