岐阜県遊協もスタート賞球数の多い遊技機等を要望

投稿日:

 岐阜県遊技業協同組合(大野春光理事長)は5月12日付で、パチンコ・パチスロ各メーカー等に対して、スタート賞球個数ならびに大当たり出玉数の多いパチンコ機製造を要望する文書を提出した。すでに東京都遊協が4月1日付でスタート賞球個数の多い遊パチ等の製造を求める要望書をパチンコ機メーカーに提出しているが、岐阜県遊協もこれに賛同する形で要望事項を追加した。

 要望事項は以下の2点。
(1)パチンコ機におけるスタート入賞口の賞球個数を現在の3個も維持しつつ、5個から6個賞球の機械の製造もお願いしたい。
(2)1種における1回の大当たりの(遊パチ省く)総出玉数(T1Y等)を旧来の1800個前後まで戻していただきたい。

 要望の趣旨として、客単価の上昇や深いハマりによって遊技客の来店頻度が減少し、低貸玉営業を選択せざるを得ない現況や4円営業の形態そのものの継続が困難をきたす事態も予想される点などを挙げている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると