夢まるふぁんど委員会、14施設・団体に支援金

投稿日:

 千葉県遊技業協同組合、千葉日報社、千葉テレビ放送、ベイエフエムの4者で構成される夢まるふぁんど委員会(委員長/赤田靖英千葉日報社社長)では6月2日に開催された千葉県遊協通常総会の席上で、福祉支援事業として県内14の施設・団体に対し総額500万円の支援金を贈呈、また同ふぁんどの活動に貢献した成績優秀・優良店舗10店舗を表彰した。

 寄贈先を代表して社会福祉法人夏見母子ホーム・柏原美津子施設長が「大人にとっても厳しい世の中、問題を抱え生活する子ども達の苦労は大変なもの。今回の支援金は我々にとって大金で、ありがたく使わせていただく。皆様の業も大変だと聞くが、こうした思いを持ち続け、支援を継続していただければ幸いだ」と謝辞。

 なお、表彰を受けたのは以下の10店舗。

【優秀店舗】
ルモンドエース市川妙典(行徳組合)、メガ・ガディス(船橋組合)、ニュー後楽園(習志野組合)、サンパレス本八幡店(市川組合)、メガ・ディーバス(船橋組合)
【優良店舗】
パーラーVOGUE(四街道組合)、パーラーフェゴ(八千代組合)、オアシス(千葉中央組合)、パーラールネッサンス(習志野組合)、パチンコエイトツー(館山組合)

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると