史上初!石ノ森キャラを3DCG化

投稿日:

『CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜』

 ニューギンは5月14日、都内にてパチンコ新機種『CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜』のプレス発表会を開催。同機は漫画界の巨匠・石ノ森章太郎氏のキャラクターを史上初となる3DCG化を実現し、19インチ大型液晶で余すところなく再現している。納品は7月5日からの予定。また、当日は新リユースシステム「ECOパチ」も同時に発表した。

 『CRコブラ〜終わりなき激闘〜』で好評だった「バトライズスペック」を継承する同機は、通常時の非確変大当たりでも16R分の出玉が獲得でき、確変・時短時は2R確変割合を極限まで減らし、安定性とスピード感あるスペックを実現している。上下始動口の大当たり割合は以下の通り。

上始動口:16R非確変25%、16R確変44%、2R確変31%
下始動口:16R非確変(8R分の出玉)25%、16R確変67%、16R確変(8R分の出玉)4%、2R確変4%

 演出面でも、大容量16Gbitの映像チップをフルに活かした業界最多となる85種類のスーパーリーチや「009」である島村ジョーの特殊能力を活かした「加速モード」(モードは全9種類)、「加速演出」など原作を再現した多彩な演出が特長で、インパクト抜群の盤面には19インチ液晶のほか「ゼロゼロサイレン」など3種類の役物も搭載している。

 主なスペックは、大当たり確率1/387.25(高確率時1/38.73)、確変突入率75%、大当たり終了後時短100回、出玉約750個(8R分)or約1450個(16R分)、ラウンド数2Ror16R(8カウント)、賞球数3&7&9&13となっている。

 一方、「ECOパチ」は環境への配慮とパーラーへの経済的貢献を目的とするもので、一定期間設置された対象機種を回収し、短期間でリユースした新台を低価格で提供するもの。その際に提供される機械は、同一タイトルの別スペックとなる。今回発表された「CRサイボーグ009」が対象機種の第1弾となるが、回収後に提供するスペックは甘デジタイプとなる予定。

(C)2001石森プロ/サイボーグ009製作委員会

-新台

© 2021 グリーンべると