ラウンド選択+加速装置搭載「ダイナマイト」発表

投稿日:

同社初のガールズユニット「D Dream Girls」の6名。

 大一商会では12月13日、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて『パチンコCRファイヤーダイナマイトキング』のプレス発表会を開催した。

 同機は92年に発表された権利物の名機『ダイナマイト』シリーズの最新機で、『CR天才バカボン4』で搭載され話題を集めたプレイヤー自らが大当たりラウンドを選択する「ドキドキゲート」と爽快感抜群の「加速装置」のダブル搭載が最大の特長。

 「ドキドキゲート」は、安心ルートを選択すると11ラウンド以上が確定(16ラウンドは16%)。ドキドキルートを選択すると16ラウンド比率は65%に跳ね上がる一方、35%が4ラウンドとスリルのあるゲーム展開が堪能できる仕組み。

 スペックは大当たり確率1/299.5、高確率時1/46.8、大当たり後0or10or次回まで時短、賞球数3&1&10&14、2or4or11or12or16R、出玉約0or500or1400or2000個。納品は2月4日が予定されている。

 プレス発表会では奥本博巳常務取締役が「加速装置とドキドキゲートを組み合わせるなど今年度発表したアイディアを一つのタイトルに搭載した。昔ながらのダイナマイトファンにはもちろんのこと、新しいファンの皆様にも満足の頂ける商品」と自信のほどを述べた。五位渕潤シニアプランナーは、ダイナマイトらしいゲーム性を追求するべく、確変継続率を現行機最高峰の82%まで引き上げた点のほか、(1)加速装置の搭載でスピード感と出玉の固まりを感じるゲーム性、(2)ドキドキゲートの搭載とドキドキルートの2000個比率を65%に引き上げた点、(3)5大役物の搭載、を進化したポイントとして挙げた。

 また、同社初のガールズユニット「D Dream Girls」が初披露され、約200名の応募の中から選ばれた6名(加藤有紗さん、天野麻菜さん、南結衣さん、寺本亜佑美さん、岸明日香さん、児玉菜々子さん)が初仕事となる新機種のPRを行った。

-新台

© 2021 グリーンべると