マルハンが入社式、新卒者335名を迎える

投稿日:

 パーラー企業最大手のマルハン(韓裕社長)は3月31日、都内港区のホテルで2009年度新卒者入社式を開催した。

 式の冒頭、挨拶に立った韓昌祐会長は新入社員に歓迎の言葉を述べるとともに、「当社は昨年、売上2兆円を達成し、500億円の利益を上げ、業界No.1企業になることができた。これは皆さんの先輩社員達が社訓に基づき、ハングリー精神とチャレンジ精神、危機感、緊張感を持って築いた姿であるが、いまだパチンコに対する世論は厳しいものがある。その点を払拭するためにもこれから、皆さんも共に業界健全化に向けて頑張ってほしい」と話した。

 続いて挨拶に立った韓裕社長は、「常に変化を続ける社会に対応するには、企業、個人がしっかりとしたビジョンが必要となる。皆さんとはこれからの就業寿命40年という間で、ビジョンを共有し、“無から有を生み出す企業・マルハン”、“世界に貢献できる企業・マルハン”を目指して共に歩んでいきたい」と檄を送った。

 新入社員は、男性266名、女性69名の計335名。内訳は大学院卒4名(男性3名・女性1名)、大卒287名(男性240名・女性47名)、短大卒6名(男性1名・女性5名)、専門学校卒9名(男性のみ)、高等専門学校卒1名(男性のみ)、高卒28名(男性12名・女性16名)となった。なお、新入社員全員は4月4日までに研修を終え、各店舗に配属される。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると