ライフポイント制ARTを搭載、『タイムリミット』

投稿日:

『タイムリミット』

 ジェイピーエスは3月13日、都内において、パチスロ新機種『タイムリミット』の業界プレス向け発表会を開催した。

 奪われた新型攻撃用衛星を取り戻すため、チーム「Fortune」のヒロイン3人がテロリストに立ち向かうというオリジナルストーリーに、同社『2027』でお馴染みのART「バトルモード」を組み合わせたゲーム性が最大の特長。

 バトルモードは純増約1.5枚/Gで、ライフポイントがなくなるか、最大約857Gまで継続する。同モード中に発生する銃撃戦演出時に「赤7リプレイ」などの特定小役に当選すればライフポイントが追加され、逆にリプレイ成立でライフポイント消失の危機となる。銃撃戦をスキップさせてライフポイントをキープできる「チャンスリプレイ」も搭載しており、プレイヤーの小役の引き次第で、ARTが継続していく仕様だ。

 バトルモード突入の契機は、高確率状態からのボーナス当選。通常時は、成立小役によって状態がアップダウンし、ステージチェンジによって高確率状態を示唆する。また、高確率時に3択ベル成立でAT「フォルトゥナタイム」(1セット20G)に突入、JACK BONUS中に「赤7リプレイ」当選で次回バトルモード(ボーナス)まで続くAT「フォルトゥナタイム EXTRA MODE」に突入する。AT中のボーナス当選もバトルモードとなる。

 また、バトルモード中のストーリー展開にもこだわっており、ゲームの進行状況や遊技状況によって物語が分岐。ラストのプレミアムエンディングも4パターン用意するなど、プレイヤーを飽きさせない仕上がりとなっている。

 発表会の冒頭、同社・古川雅彦常務取締役は「本機は、市場で好評価をいただいた『2027』の兄弟機の要素をもっている。『2027』をベースに、新たなオリジナルストーリーの展開、そして斬新なゲーム性、さらなる出玉性能を搭載した魅力溢れる機械に仕上がったと自負している」と自信を覗かせた。

    -新台

    © 2021 グリーンべると