ネット、リオが大活躍の『Rio2』を発表

投稿日:

『Rio2クルージング・ヴァナディース』

 ネットはパチスロ新機種『Rio2 クルージング・ヴァナディース』を発表。『リオパラダイス』に続くリオが主人公のシリーズ機で、規定ゲーム数が異なる2種類のRTを搭載する。納品は4月19日の予定。

 今回の舞台は豪華客船「ヴァナディース号」。ディーラーとして乗り込んだリオがカルティア率いる敵キャラクターとバトルを繰り広げる。登場するキャラクターはお馴染みのリオやミント、『リオパラダイス』で登場したエルビス、カルロス田中のほか、新キャラクターのカルティア、ジャック、クイーン、キングなど。ステージは「デッキ」と「ホール」の2種類があり、3種類あるバトル演出のほか、ビーチバレー対決やダンスコンテストなどの6種類のチャンス演出がプレイを盛り上げる。

 ゲーム性の肝となるRTは最大30G継続の「リオタイム」と同777Gの「スーパーリオタイム」があり、規定ゲーム数消化かボーナス当選まで継続する。1Gあたりの純増枚数は前者が0.8枚、後者が0.6枚。RT突入はBB中の赤7揃いとRB及びRT終了後のチャンスゾーン「リオチャンス」中の特殊リプレイ成立がメイン契機で、さらに通常時からのRT突入を演出する「リオタイムボーナス」終了後と通常ゲーム999G消化でも突入する。

 リオチャンス中にRT突入となる特殊リプレイは2種類あり、リプ図柄の3つ揃いで「リオタイム」、リプ・リプ・ブドウで「スーパーリオタイム」が確定。リオチャンスからのRT突入率は全設定で50%以上となっている。また、BB中の赤7揃いはBB2回に1回は期待できる。

 主なスペックは、BBの純増枚数が約260枚、RBが約90枚、リオタイムボーナスが26枚。BB確率は1/341(設定1)〜1/266(設定6)、RBとリオタイムボーナスの合算が1/762〜1/409、全ボーナスの合成が1/235〜1/161となっている。1000円あたりのゲーム数は約40G。ボーナスと小役の重複当選では、オレンジチェリー、ピンクチェリー、メロンの期待度が高い。

    -新台

    © 2021 グリーンべると