12億円の法人所得隠しで都内のP店社長ら逮捕

投稿日:

 東京地検特捜部は12月1日、法人所得約12億円を隠した脱税容疑で、東京都江東区のパチンコ店経営会社、鈴木商事の鈴木柏社長(63)など4名を逮捕した。時事通信社のネットニュースが伝えている。

 報道によると鈴木容疑者らは架空の経費を計上するなどして2008年6月期までの3年間に計約12億900万円の所得を隠し、約3億6200万円を脱税した疑いが持たれている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると