ダイナム、第2四半期は経常利益前期比15.3%減

投稿日:

 パーラーチェーン大手のダイナムは11月30日、平成23年3月期第2四半期(平成22年4月1日〜9月30日)の決算短信を発表。今期は9月末までに12店舗の新規出店を低貸玉専門店《信頼の森》にて展開、これにより総店舗数は337店舗となった。

 第2四半期は、売上高4345億8200万円(前年同期比2.0%減)、営業利益129億200万円(同16.5%減)、経常利益124億6500万円(同15.3%減)、四半期純利益63億7800万円(同20.0%減)で推移している。

 なお、同社は新業態営業を推進し、店舗数増加による増収が見込めることから通期業績予想を以下のように修正している。
売上高8696億円(前回発表予想からの増減率0.2%増)
営業利益275億円(同2.0%増)
経常利益268億円(同3.6%増)
当期純利益135億円(同16.5%増)

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると